腹を凹ます体幹トレーニングをやってみた

体幹トレーニング、英語では、Core Muscle Training。ダイエットマンにはめずらしく、トレーニング系のことをやってみた。

最近よく耳にする体幹トレーニング、だいたい体幹ってどこ?というとひとの体の上半身部分、胸部、腹部、背部、腰部のことらしく、それらの総称が体幹。

トレーニングなので体幹を鍛えることになるが、そうすると何が良いかというと、腹を凹ませ、太りにくい体質をつくり、腰痛をやわらげ、バテにくい体を手に入れられる。(一般的に言われている体幹トレーニングの効果ね、これは。)

体幹トレーニングで腹を凹ますいいじゃないですか。本には、1日5分って書いてある。それもまたいいじゃないですか。腹を凹ます体幹トレーニング

本の中身を見るといろいろなトレーニングが書かれている。本来、簡単、お手軽が基本のダイエットマンなので、一番いいと思ったのは、「ドローイン」。

ドローインは何をするかというと、超簡単にいうと腹をへこます。

へそを背中につけるイメージで腹を凹ます。これを1回、20秒。すごく簡単な気がしませんか。

これで注意することは、呼吸は普通にしながらということろ。

ということでやってみると。へそを背中につけるイメージで腹を凹ますのは、簡単、簡単。うん?呼吸は普通に。あれ呼吸しながらするとすこしきつい気がする。ちょっと難しい。

簡単だけど、さすがトレーニング、少しコツがいるな。

 しかし慣れれば問題なくできるようになる。やはりこのトレーニングのいい所は、"ながら"ができるところ。

歩きながら、運転しながら、サウナ入りながら、ながらドローインを2ヶ月ぐらいにやっていると効果がだんだん実感できるようになってくる。

おっと!こうやって記事を書いているときもドローンだ!